借金に困ったら任意整理

任意整理とはどのようなものなのかと言うと、三種類ある債務整理の一つの手段になります。任意整理は、司法書士の方がお金を貸している債権者と返済の方法であったり、そもそもの返済額について交渉をすることによって、現実的に支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きです。他の二種類と違って裁判所は関与していないのが大きな違いと言えます。実は三種類ある債務整理の手続きの中でも、最も利用されているのが、こちらの任意整理の手続きです。

一般的に利用されるのが、利息制限法の上限金利を超える金利を使ってお金を貸している高金利系の消費者金融と取引がある場合に、利息制限法による引き直し計算を行って、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して借金額を減らす方法になります。利息制限法を使って引き直し計算によることによって減額された後、それ以降の利息については無しにして分割払いが出来るように交渉してくれたり、過払い金や親族の援助などで一括返済するので借金額を減額するような交渉ができます。交渉後の利息カットには、大体のケースで可能となっております。裁判所は関与しておりませんので、自己破産の場合のように裁判所に提出する書類を用意する必要もなく、不自由になるペナルティも少なくなっております。このようにメリットが一杯の任意整理ですが、事前に覚えておいて欲しい内容も沢山あります。その中から今回は、任意整理のメリットや注意点。任意整理に最適な弁護士の選び方などをご紹介して行きます。